あなたのビジネスを診断士がバックアップ!

ウィキ京都研究会

ウィキ京都研究会

【研究会の概要】

目  的
人工知能(AI)と情報通信技術(ICT)による経営診断の手法開発
リーダー
松下晶
メンバー
大草吾朗、吉川浩史、鬼頭靖彦、谷口真、梨木孝宏、橋本明洋、松尾憲、南肇之
アドバイザー 坂田岳史
成果物等 スキルアップ研修会の企画支援、Webサイト「ウィキ京都」運営

■活動概要

下記の分野を中心に、3つの分科会で活動しています。

1.AIとICTを利用した経営コンサルティング、研修会および社会的課題解決への取り組み
2.人工知能/ディープラーニングの利用(IoT/ビッグデータ解析)
3.ITマーケティング(アナリティクス/アクセス解析/SNSとの連携)

分科会 これまでの研究テーマ例
AI経営診断分科会 AI経営診断各事例
ディープラーニング分科会 PythonによるRESASの使い方/TensorFlow+Kerasによるアヤメの分類/chainerの使い方/AI研修会の企画 など
ITマーケティング分科会 コンテンツマーケティング/Fintechブロックチェーン/チャットボット/データドリブンマーケティング など

研究会は、原則として協会事務所で月1回開催しています。

主 な 内 容
30
12
AIを利用した企業診断の進め方に関する意見交換
30
10
アクセス解析報告(ウィキ京都、診断協会、コン能研)、及び
AIチャットボット「起業ライダーマモル」の利用と仕組みの解説
30
14
ディープラーニングのプログラミングに使用されるPythonの演習、及びAPIによる地域経済分析システムからのデータ取得演習
30
12
「データ活用と農業と地域活性化と映像のポイント」及び「AIとディープラーニング、コンサルティングへの利用の可能性」についてゲスト講師によるご講演
30
「AIのビジネス利用の可能性」に関する意見交換、及びスキルアップ研修会の企画策定(概要)
30
13
ディープラーニングのフレームワークであるTensorFlow, Keras及びchainerを使用したAI演習、スキルアップ研修会の企画策定(講演内容と分担など)
30
24
スキルアップ研修会の企画策定(各講演内容の検討)
30
10
11
スキルアップ研修会の企画策定(ワークショップで提供するフレームワーク、各講演内容の検討)
30
11
スキルアップ研修会の企画策定(ワークショップで提供するフレームワーク、各講演内容の精査)
30
12
13
スキルアップ研修会の企画策定(各講演内容の精査)
31
10
スキルアップ研修会の企画策定(各講演内容の確認と仕上げ)
31
14
スキルアップ研修会に関する反省点、及び今後の研修会に向けた改善点の意見交換
31
14
来年度の研究会の進め方、及びGoogle Cloud Platformの使い方演習

皆様のご参加をお待ちしています。

連絡先:wikikyoto@gmail.com

PAGETOP