あなたのビジネスを診断士がバックアップ!

会長あいさつ

「変化(Change)」「挑戦(Challenge)」「貢献(Contribution)」

第6期のスタートにあたって

Exif_JPEG_PICTURE

会長 山脇康彦

京都府中小企業診断協会(京都協会)は一般社団法人となって丸5年が過ぎました。この間、「変化(Change)」「挑戦(Challenge)」「貢献(Contribution)」の「3C」下、微力ではありますが診断士力の向上と、会員増強、行政・支援機関等との連携、民需開拓等により組織と財務基盤の強化を図り、以て診断士の認知度・社会的地位の向上、京都協会の成長発展、京都府内中小企業等の成長発展と社会貢献に取り組んで参りました。
その結果、京都協会の会員数、事業規模は着実に拡大して参りました。また、法人化とともに始めた社会貢献積立(経常利益の1%)も毎年、着実に行っており、平成28年度は6万円弱を積み立てました。これら5年間の成果は、会員諸氏並びに行政、支援機関等による京都協会の事業活動へのご協力、ご高配の賜物と、厚く御礼申し上げます。

ところで、昨今、中小企業・小規模事業者の経営力向上計画の作成や、持続的発展、事業承継、販路開拓、経営改善計画の作成等々の支援に対して、中小企業診断士への期待が従来にも増して高まっています。
その期待に応えるため、平成29年度も既存の会員向け諸事業や、行政・支援機関等と連携した各種事業等を着実に推進するとともに、新たな事業にも取り組んで参ります。以下に新規事業を中心に、平成29年度の主な事業を示します。

◆広報事業部
・シンポジウムの開催
・診断京都の発行や新たなパンフレットの作成・配布
・連合会本部の診断ニュースや同別冊(実務補習受講者等に配布)への寄稿
◆会員事業部
・事業承継研究会や企業内診断士対象の「さんもく会」などの各種研究会の開催
・厚生事業(洛中洛外散策や金融機関、支援機関等との共催ソフトボール大会)の開催
・スキルアップ研修(連合会本部との連携)の開催
◆対外事業部
・行政、各支援機関等との既存連携事業の推進
・京都信用保証協会様とのプロアップサポート(経営力向上計画作成支援)事業の推進
・日本政策金融公庫京都支店様との共催セミナー(経営力向上セミナー)の開催
◆新商品開発事業部
・京都プロコンカレッジや創業セミナー等の開催
・近畿ブロックにおける診断士の日のイベントの合同開催の実施
・龍谷大学との地域人材育成に関する連携

さて、平成28年度を振り返りますと、連合会本部と連携した新しいバッジの作成や診断士の日の制定をとおして、診断士や中小企業診断制度のPR活動を展開致しました。新しいバッジは、お会いする多くの方々から「すてきなバッジですね」とのお声をいただきました。
また、診断士の日のイベントとして開催した恒例の秋のシンポジウムも好評を博しました。加えて、四条烏丸で(仮称)京都経済センターの建設が本格化する中、京都協会の事務所を京都リサーチパークから四条烏丸近辺に移すなど、明日の京都協会作りに向けて、言わば外見を整えてきました。今後は、中身を充実させていく必要があります。平成29年度はそのスタートの年度になります。
「3C」の下、地に足をつけて諸活動を推進し、診断士の資質の向上、京都府内中小企業等の発展支援等に取り組んで参ります。みなさまの変わらぬご協力、ご高配をお願いする次第です。

一般社団法人京都府中小企業診断協会
会長  山脇 康彦

PAGETOP